「シロである」「安全である」と結論

政府や利権団体のデータが信用できない気持ちは分かりますが、それでは井戸川氏の供述はどこまで信用できるのでしょうか?

美味しんぼの今回の作品は長期間の取材に基づいて描写されているので、「事実」について争う余地はないだろうと思う。
そういう現象、症状(甲状腺異常、鼻血など)が福島を中心に東北関東の周辺地域で目立つ数値で起きていることを否定することはできまい。
一方、、美味しんぼの福島の現状を告発する内容の作品を苦々しい思いで見る向きがあることも現実の問題として存在すると思う。こ うした福島第一原発から放出されている人工放射性物質が原因と推測される健康異変にまつわる報告に対する評価が賛否両論に分かれて問題を複雑にしている主 原因は、原子力、放射線分野の圧倒的多数を占める主流派系の専門家たちが因果関係の証明できないことは「シロである」「安全である」と結論づけることこそ が科学的見地だと断じていることにあると思う。

コメントを残す