風評被害を呼ぶ

週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)に連載中の漫画「美味しんぼ」で、
主人公の新聞記者が

東京電力福島第一原発の取材後に原因不明の鼻血が出 た様子が描かれたことに関し、石原伸晃環境相は9日の記者会見で、「風評被害を呼ぶことがあれば、あってはならないこと」と述べた。
また「専門家によって、今回の事故と鼻血に因果関係がないと既に評価されており、描写が何を意図しているのか全く理解できない」と語った。
(引用終わり) 日本では、否、日本「だけでは」政府や県が美味しんぼで表現された、鼻血等の身体被害を打ち消すのに必死であり、特に政府は大臣自らがその症状 を訴える質疑をしたことも忘れて「風評被害を煽るもの」として一介の漫画作品に対し言論弾圧を行い、成果を上げているようである。
『鼻血』を大いに問題にし、憲法の幸福追求権と生存権の追及もしていた自民党議員たち?!風評被害は?では海外に目を向けてみよう。 ドイツではいち早く「美味しんぼ」騒動が報じられています。

コメントを残す