国民が税金で負担

「国の借金」ということで、債務残高だけをアピールしているわけで、資産-債務というのが、「国の借金」というものではありません。

「国の借金」とかいうものを、国民が税金で負担して全額返済しないといけないといった性質のものではないわけでありまして、この点については間違っているわけです、ハイ。
とはいっても、借金という言い方は不適切ですが、国債をいくらでも発行しても何の問題もないというわけでもないです。 そして、プライマリバランスが重要で、財政均衡化は何が何でも実現しないといけないといったものでもないわけであります。
貿易赤字が問題ではなく、経常赤字が問題というわけではありません。 このように思っているのであれば、お金や経済に関して全く理解していないと思います。
お金というものは信用によって成立します。そして債務は信用がないと成立しません。 これは以前働いてた職場の社長から、融資を受けられるということは信用がないと融資は受けられないわけで、融資を受けることが出来る事が財産といった考え方になりましたね。。。

コメントを残す