論文一つ

今までこの人から公式に何のコメントも出ていなかったから、
何を話すかということについては気にはなりますが、

恐らくこの会見からも多くの人が期待するものは出てこないと思われます。
先日の小保方氏の科学者らしからぬ理論ではなく感情に訴える会見はどうでもよかったわけですが、一つだけ重要なキーワードがあったわけです。
STAP細胞の作製ではなく、STAP現象という言葉になっていたことです。 そして理研の検証も、「STAP現象の検証の実施」となっていることですね。
検証実験の過程で、すでに公表したtechnical tipsについて、より優れた方法が開発できたならば、その情報は迅速に公開するとともに、手技講習の実施も検討し、第三者による検証や研究を支援する。
STAP現象という言葉と上記の内容から、STAP細胞の作製が簡単に出来るというのはウソで、論文についても欠陥の多いシロモノではあるんだけ ど、STAP現象自体は存在する可能性があり、まだ仮説に過ぎず見切り発車で論文を作って掲載されたんだけど、論文一つでここまで騒がれるということが予 測出来ずにこのような騒動になったという可能性もあります。

コメントを残す