継続的なエコポイント制

べつに国内に限る必要はなくて、
海外でも構いはしないのですがもっとも大変なのは、関税障壁。

とすると、無関税になるような条約をいくつかの国と結ぶ必要がある訳ですが、どこと結ぶかが大事になってきます。
今、日本が無関税の条約を結ぶべきは、東南アジア諸国とインドなどを中心とした新興国。
そして、国内では、継続的なエコポイント制の導入と雇用創出の為の方策ですね。こんなのは典型的なプロパガンダの手口で、自分のやりたいことを相手に押し付けて批判するというものがございます♪
ここらへんは西朝鮮や南朝鮮が分かりやすいですかねwww
西朝鮮や南朝鮮が日本を批判するときって、日本を西南朝鮮に置き換えたら、物凄く説得力のある内容になるというのはお約束なわけです、ハイ。
そして、自分のやってることは他人もやってるだろうという概念で、自らの価値観を他人に当てはめて批判するわけです。

コメントを残す