周辺国に災い

要するに、いつの時代も強い者に寄り添ってないと生きて行けない。
これが嵩じて、寄り添ってるだけじゃ不安だから強い者の一員になりたがる。

民族としての誇り、アイデンティティなど何処へやら。
事大主義が究極まで行きついたなれの果てとでも言うべきですか・・・「ゴキブリのようなしぶとさ」と言った。彼らは所詮その程度。彼らは決して消えて無くなるようなことにはならないんでしょうな。決定的な危機が訪れると、民族のアイデンティティなどかなぐり捨てて、周辺国に災い、災難をまき散らすんでしょうな。
当然、日本にも火の粉が降りかかるのは目に見えている。
産経新聞にも「いざとなったら日本が助けてくれるという甘えが、彼らにはある」というようなことを書いてる人が居ました。かの国の隣に位置するという地理関係が、日本の不幸と言うべきですかね。の38度線突破は、日本へも露と中国の脅威が迫ると考えられていました。

コメントを残す