恐らく

危険ドラッグの店舗がビジネスとして割に合わなくなり廃業していくのは望ましいことだが、『人生・関係・意思を通したナチュラルハイが得られない 人間』が

膨大に存在する現実が残されている以上、『心身の健康を壊して正常な意識・判断を失う薬物の誘惑』は終わりを迎えることはない。 子供時代から読書習慣がなかったことも推測されるが、恐らく生涯を通して教養趣味・知的娯楽としての本(電子ブック)に触れることがないままとい うことになる。
だが、実生活や経済面ではそれは致命的な知識・体験の欠落では全くない、読まなくても生きたり働いたり関係を持ったりする分には不都合がな 闇金被害相談vいからである。 『時間がない(他に優先すべき仕事・家庭の用事などがある)』というのが本を読まない第一の理由だが、大半の人にとっては『読書よりも面白い活動 や遊びがある』からである。しかし、総体的にはそれでも人生や恋愛、家庭運営などにおける致命的痛手を受けるわけではないし、逆にそれなりに読書をしてい る人よりも『内面の鬱屈・悲観・虚無感』が少なかったり、『実際的な生活面の行動』にはむしろ身軽に動けて意欲的・適応的だったりもする。

コメントを残す