本当のコスト比較

原発を再稼働する云々以前に、今現在原発が存在している時点で、本来はそうした「万一の場合、どう対応するか」を策定しておくのが当然です。

さもないと、その万一が起こった場合、今の福島原発事故が抱える問題と全く同じ問題が繰り返されてしまうのみです。 原発は発電コストが安いと言われていますが、これは飽く迄も純粋に発電に必要なランニングコストの部分のみです。
言うまでもありませんが、一般的に原価計算の観点から言えば、発電設備建築から廃棄で想定されるコスト、原子力の場合は更に使用済核燃料処理コストまで含めた発電コストで語らないと、本当の意味でのコスト比較にはなりません。 そして計算するまでもなく、使用済核燃料の処理や廃炉方法すら決まっていない原発の総コストが他の発電手段を圧倒的に上回るであろうことは、誰の目にも明らかです。
従って、原発の発電コストを論ずる際には、試算値でも構わないので、上記総合コストを踏まえた数値を提示するのがフェアだと言えます。

コメントを残す