包括的軽減策

いったん県外移設の夢を見せられた沖縄県議と過半の沖縄県民は『県外移設案』に留まり、自民党の沖縄県議にも自民党方針に逆らう県外移設を主張し続け て、

除名処分を受ける者が少なからず出ている。
沖縄県知事選では、普天間飛行場の辺野古移設を沖縄県の産業振興・雇用促進の地方交付金と補助金の増額(グアム移転・嘉手納基地返還を含む基地負担の包括的軽減策)に カニ通販人気よって認める方針であった現職の仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事は落選した。 沖縄県民は辺野古移設を主要な争点とした知事選において、仲井真氏ではなく移設反対派の翁長雄志(おながたけし)前那覇市長を選んだが、『地方自 治に対する国政の優位・法的な統治の正当化』に対して、沖縄県が単独でどこまで国家安全保障のロードマップ(日米同盟の大前提)に逆らえるのかは定かでは ない。
自公政権と米軍の主張は『普天間飛行場が担っていた(中国を仮想敵として太平洋の海域を範囲とする)防衛能力が沖縄県に駐留する必要性』は今後も 変わらないとするものであり、国家間の安全保障条約に依拠する日米同盟の大前提と基本方針に対して『沖縄県という一地方自治体』が安全保障政策のロード マップに反対できる権限及び範囲は非常に限られているというものである。

コメントを残す