同調圧力

他者と合わせる、他者に良い印象を持ってもらう、他者に良い気分になってもらうということが、過去のどの時代よりも高い価値(ニーズ)を持ちやす くなっている時代の変化の中で、

その時代の空気感やストレス(過度のサービス・同調圧力・愛想の良さの要求)に自分はそこまでついていけないと感じて脱落 する人材も出てくるだろう。
『無愛想・不器用・無口・感情表現が乏しい・第一印象が良くない』などの特徴を持つ人に、じっくりと向き合ってその良さを見出していこうとするよ うな根気や余裕を持ちにくい『スピード社会の進展』といった要素もあるし、家事メンにしても感情労働(サービス業の高度化)にしても、『一つの道の寡黙な 貫徹・自分との向き合い』よりも『複数の事柄のバランス感・他者への印象形成』に労力をかけなければ評価されにくい分野や関係が増えているのだろうか。
それと同時に、専門性を深化させていったりニッチな分野を突き詰めたビジネス・職務の希少性が増したり、デジタルなビジネス空間で無言・数字だけの商取引が加速したりといった、感情労働とは反対のベクトルの社会変化も進んでいるわけだが。

コメントを残す