重大な違反

有名な言葉「銀行の経営、それは銀行の信用によって繁栄するか、そうでなければ融資する値打ちがないものだと評価されて繁栄できなくなるかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から

結局、「重大な違反」になるかならないかは、金融庁において判断することであり、たいていのケースでは、微々たる違反がわんさとあり、その関係で、「重大な違反」評価をされてしまうもの。

実は日本の金融・資本市場における競争力を高める為に行われる規制緩和のほか、金融制度の更なる質的向上を目標にした試み等を積極的に実践する等、市場環境や規制環境の整備がどんどん進められているのです。

今後も、わが国の金融機関は、早くからグローバルな規制等の強化も考えて、これまで以上の財務体質の強化、それに加えて合併・統合等を含む組織の再編成などに活発な取り組みが始まっています。

きちんと知っておきたい用語。ペイオフとは何か?唐突な金融機関の破産・倒産によって、金融危機に対応するための法律、預金保険法に基づき保護することと された個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事なのです。

コメントを残す