大事に関しての謝罪

今回の調書公開に踏み切ったのはこの二つの新聞社が調書の一部を使って内容を独り歩きさせるからそうさせないように手を打たれたという事になり ます。

お互いに真逆の事を書いていますから、公開された時どちらかが正しくてどちらかが間違っている事になります。朝日新聞が間違っていたら、慰安婦問題 に続いて年に二回も大事に関しての謝罪(という名の開き直りと逆ギレ)で、産経新聞が間違っていたら朝日新聞と同じように謝罪になるという事です。
それは 結構新聞社としては大ダメージであり、キャッシング 即日二回目になる朝日新聞に至っては相当厳しいでしょうね。それを見据えた公開でもありますから、両新聞社はそれなりの 緊張感を持っているのではないかなと思います。 昔の省庁やらなんやらの公務員関係の財務の言い訳と同じですね。
最近こそその使いきらないとならないといって無駄なものを買い漁る省庁・自治体のニュース 見なくなったなぁと思ったら今度はその上に当たりそうな議員の立場(今は元議員か)から聞くのは相当久しぶりではなかろうか。

コメントを残す