迂闊な発言

日本国の国益を損なうどころか、沖縄県民の命を危険にさらそうとしているからである。
単に補助金をかすめ取る目的で、「沖縄独立」を掲げていたと しても、

それ自体が中国人民解放軍による侵略のきっかけを与えかねない。現実的な暴力が用いられれば、人が大勢死ぬのだ。それも他国の軍隊ならばなおさら である。
民族浄化によって沖縄県民はことごとく抹殺される恐れさえある。
かくのごとく、県民の命を万単位で賭けて、こんな迂闊な発言をする人間に政治家を 志す資格はない。 ド・ロルムはイギリスの議会は「男を女にし、不倫調査 横浜女を男にする以外の全てのことができる」と言った。
この発言はようするに物理的に、現実的に不可能であることを除けば、議会は万能であるということを表してるわけだ。 ダイシーという議会主権理論の大家が、この言葉を引用したので、有名な法諺である。 しかし、男を女にする事も女を男にする事も、今や現実的に可能である。 性転換手術があるからだ。ゆえにこの法諺はもはや時代遅れなのである。

コメントを残す