フィトケミカル

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失効してしまった後に市場に出回る、新薬に等しい成分で負荷が小さい(金額の安価な)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
ハーバード医科大学の調査結果によると、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上デカフェコーヒーで代用すると、なんと直腸ガンの罹患率を0.52減らせたとのことだ。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の化学物質について、肝臓から分泌されている解毒酵素の順調な生産活動を助けているのではないかという因果関係が見えてきました。
人の耳の構造は、大まかに「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに大別することができますが、この中耳に細菌やウィルスがうつり、炎症が発症したり、体液が滞留する病気が中耳炎なのです。
必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることや体を動かすことは当然ですが、肉体や精神の健康や美のために、特に摂りたい栄養を補うために様々なサプリメントを飲用する事がおかしくなくなっているそうです。
ストレスがかかり、蓄積していくプロセスや、手軽なストレス対策など、ストレスにまつわる詳細な知識を持っている方は、まだまだ少ないようです。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を悪くしたり突然変異を誘発する人体に害のある物質を身体の中で解毒し、肝臓の役割をより強める性能が判明しているのです。
年齢を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さにおいてはじわじわと聴力が低下していくものの、大半の人は還暦を超えないと聴力の悪さをはっきり把握できません。
めまいは出ないのに、辛い耳鳴りと難聴の症状を幾度も発症するタイプの事を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」というようなことも多いそうです。
ピリドキサミンは、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーの代謝のために必要な回路へ組み込ませるためにそれ以上に化学分解するのを促すという作用もあると言われています。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気ではなくても症状が出現することがあるためさほど珍しい心臓疾患とは限りませんが、短い期間で発作が続いてみられるケースは楽観視できないといえます。
年々患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足した結果、不眠、気分の落ち込み、著しい疲労感、食欲低下、体重減少強い焦り、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が2週間以上続きます。
30才から39才の間に更年期になったら、医学的な用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病を指します(我が国の場合40才以下の女性が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(早期閉経)」と言います)。
高熱が特徴のインフルエンザに適した予防策や医師による処置を含めた基礎的な対策そのものは、季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザでも一緒です。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、人体の中の脂肪が占める%を指しており、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(キロ)×100」という計算によって調べられます。

コメントを残す