選択肢

3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を悪くしたり変異を誘発する人体に害のある物質を体の内部で解毒し、肝臓の力を促進する特徴が分かっています。
ばい菌やウィルスなど病気を引き起こす病原体が呼吸とともに肺に進入して伝染してしまい、肺の内部が炎症反応を呈示した容態を「肺炎」と呼んでいるのです。
グラスファイバー製ギプスは、非常に強くて軽量なのに持ちが良く、濡らしてしまってもふやけずに使用できるというメリットがあるため、今のギプスの第一選択肢だと言っても過言ではありません。
吐血と喀血、いずれも口からの出血に変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺をつなぐ気道(呼吸器のひとつ)からの出血のことで、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上の消化管からの出血のことを示しています。未知なる新型インフルエンザでも同じです。
抗酸菌の結核菌は、感染している人が「咳」をすることによって空間に放出され、空中にフワフワ浮かんでいるのを今度は他の人が呼吸しながら吸い込むことによって拡がっていきます。
はりを気になる所に刺す、というフィジカルな程よい無数の刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスと称される要は電気信号の伝達を招くと言われています。
ふと気が付くとゴロンと横向きになったままでテレビ画面を眺めていたり、長い時間頬杖をついたり、踵の高い靴等を毎日のように履いたりという習慣は体の上下左右の均衡を乱れさせてしまう大きな原因になります。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国も同じですが、BMI値の位置づけは国ごとにそれぞれ違っていて、一般社団法人日本肥満学会ではBMI22を標準、25以上は肥満、BMI18.5未満を低体重と広報しています。
耳鳴りは分類することができて、当事者しか感じないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように本人に加えて他の人にも高品質なマイクロホンなどを使用したりすると感じることのできる点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が切れた4週間後、市場のおよそ80%がジェネリックに替わるという薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界各国に浸透しているのです。
アイコンタクトで、高齢者がセラピードッグを可愛らしいと感じると「愛情のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌されれば、ストレスを和らげたり心の癒しなどに繋がります。
食事をするときは、食べたいと感じた物をなんとなく口に運んで数十回噛んで嚥下するだけだが、その後も体はまことに律儀に働き続けて食物を身体に取り込むよう努めている。
アルコール、薬、合成保存料を始めとした食品添加物等の成分を特殊な酵素によって分解して無毒化する働きを解毒と称しており、多機能な肝臓の果たす大事な活動のひとつであることは間違いありません。
子供の耳管の構造は、大人に比べると太めで長さがあまりなく、かつ水平に近いため、様々な菌が入り込みやすくなっています。大人よりも子供の方が急性中耳炎に罹患しやすいのは、これが関係しています。

コメントを残す