酷い冷え性

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、身体の中の脂肪が占めているパーセンテージのことを言い、「体脂肪率=体脂肪の量(kg)÷体重(body weight)×100」という計算で弾きだせます。
ともすると「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「除外すべきもの」ものと考えがちですが、実のところ、私達は様々なストレスを経験するからこそ、活動することが可能になっているのです。
ダイエットを成功させたいばかりに1日の総カロリーを抑制する、1日3食のうち1食を飛ばす、そんなライフスタイルを続けると必要な栄養までもを不足させ、酷い冷え性を招くことは、多くの医療従事者が言われていることなのです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)は環状、所謂円い形をした紅っぽい発疹など、皮膚病の総合的な名前ですが、因子は正に多種多彩だといえるでしょう。
ちょっとした捻挫だと勝手に決め込んで、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどでとりあえず患部を固定し、様子を窺うよりも、応急処置が終わったらただちに整形外科でレントゲンを撮ることが、快癒への近道となります。
子どもの耳管の特性は、大人の耳管に比べると幅があり長さがなく、尚且つほぼ水平になっているため、ばい菌が侵入しやすくなっているのです。大人よりも子どもの方が急性中耳炎になりやすいのは、これが関係しています。
肝臓を健やかな状態に維持するためには、肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにする、言い換えると、肝臓のアンチエイジング術を迅速に実行することが重要だと思われます。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特徴があるのでオゾン層で一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を損壊するなど、肌にとって悪い影響を与えることになります。
脚気(かっけ)の症状は、主に手や足が麻痺したり脚の浮腫みなどがよく見られ、症状が進んでしまうと、最も深刻なケースでは呼吸困難に至る心不全なども招く可能性があるようです。
鍼灸のはりを気になる所に刺す、というフィジカルな程よい無数の刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスと言われる謂わば電気信号伝達を誘引するという見解が広まっています。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今日までの研究結果によって、予防の効用が見通せるのは、ワクチン接種を受けた約2週間後から約5カ月間ほどということが判明しました。
一般的には骨折を起こさない位のごく小さな力でも、骨の一定のエリアだけに幾度もひっきりなしに力が加わることで、骨折が生じることがあるので油断できません。
常時横向きのままでテレビ画面を見ていたり、片方の頬に頬杖をついたり、ハイヒールなどをよく履いたりということは身体のバランスが乱れる誘因になります。
ロックのライブの場内や踊るためのクラブハウスなどに置かれたとても大きなスピーカーの正面で大音量を聞いて耳が聞こえにくくなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うのです。
めまいは無いのに、不快な耳鳴りと難聴の症状だけをいつまでも繰り返す症例の事を区別して「蝸牛型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶ症例があることは意外と知られていません。

コメントを残す